株式新聞

2019年9月18日(水)

正栄食が急伸、上期営業利益は計画未達もアク抜け感

株式

2019/6/14 13:33

 正栄食品工業<8079.T>が急伸。13日引け後の決算発表で、19年10月期上期(18年11月-19年4月)の連結営業利益は計画未達となったが、アク抜けの動き。株価は前日比280円高の3445円まで値を上げている。

 同社の19年10月期上期は、売上高575億900万円(前年同期比1.7%増)、営業利益25億9100万円(同18.7%減)。「乳製品・油脂類」の貢献で売上高は従来予想を5億900万円超過したが、主力の米国産クルミ、レーズン等の商品相場の変動に伴う売上総利益率の低下により、営業利益は4億900万円の未達となった。通期予想については従来の売上高1080億円(前期比1.3%増)、営業利益46億円(同2.4%減)を据え置いている。

 午後1時30分現在の株価は95円高の3260円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ