住友不が小動き、みずほ証は「買い」・目標株価5500円に引き上げ

株式

2019/6/14 16:03

 住友不動産<8830.T>が小動き。みずほ証券では13日付で、投資判断を「中立」から「買い」に、目標株価を4300円から5500円に、それぞれ引き上げている。

 「10-20年かけて土地を集約する手法で、豊富な開発案件を持ち、賃貸事業の今後の利益成長余地が業界内でも高いことを評価したい」とコメント。19年3月期を基点に、22年3月期までの営業利益の年平均成長率を8.1%と、大手不動産3社で最も高いと予想している。とくに、賃貸事業の営業利益が高く、これは新規に完成するビルが多いことで不動産売却による逸失利益がないことなどが背景と考えるとしている。

 自社株買いや資産売却に慎重だが、利益成長を背景に20年3月期から22年3月期のROEの平均は10.9%と大手不動産3社でトップ水準を維持すると予想している。

 同証券では業績予想を修正、連結営業利益について、20年3月期2341億円(前期比6.2%増、従来2212億円、会社側計画は2340億円)、21年3月期2482億円(従来2265億円)、22年3月期2636億円、23年3月期2756億円と試算している。

 14日終値は、前日比29円高の4067円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ