株式新聞

2019年7月24日(水)

<特集>今年のサマーストックは? (3)=サンリオ―屋内型のピューロランドが強みを発揮

株式

2019/6/14 17:32

 サンリオ<8136.T>をマークしたい。同社は東京都稲城市で、屋内型テーマパークのサンリオピューロランドを運営する。屋内型の強みを生かし、猛暑に見舞われた場合は暑さを避けながら、反対に長梅雨となった場合でも、雨や気温に悩まされることなく、レジャーを楽しみたいとする来場者の需要を取り込むことが見込まれる。同社の20年3月期の連結業績は、売上高600億円(前期比1.5%増)、営業利益61億円(同27.4%増)を予想。浅草ギフトゲートや横浜ギフトゲートなど新規の出店や、ハローキティ45周年のアニバーサリーイベント、大手ゲームメーカーとの新たなコラボレーションによる収益の貢献などが、業績を支えそうだ。

 株価は、4月1日の年初来高値2709円を付けた後、利益確定売りに押される展開となっていたが、20年3月期の業績予想を受け、切り返す動きにある。足元では戻り待ちの売りに押されているものの、好業績見通しを背景に上値での活躍が期待される。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ