18日のPTS注目ポイント=野村、FFRI、エフティG、クオールHDなど

株式

PTS

2019/6/18 16:18

▽野村<8604.T>、上限1500億円、3億株(自己株式を除く発行済株式数の8.6%)の自社株買いを実施すると発表。取得期間は19年6月19日-20年3月31日を予定。

▽FFRI<3692.T>、東京海上日動とのサイバー・セキュリティ効率化に向けた共同研究契約締結を決議。

▽エフティG<2763.T>、デジタルデータソリューション(東京都中央区・DDS社)と包括的業務提携契約を締結することを決議し、DDS社が取扱う各種データトラブルサービスの販売を開始すると発表。

▽クオールHD<3034.T>、上限15億円、120万株(自己株式を除く発行済株式数の3.08%)の自社株買いを実施すると発表。取得期間は19年6月19日-19年9月20日を予定。

▽カイオム<4583.T>、同社のADLibシステムを使用して富士レビオが開発する特異的抗体を含む診断薬キットの製品化に伴い、同製品に係る知的財産の実施に関する契約を新たに締結したと発表。

▽古河電工<5801.T>、昭電線HD<5805.T>、建設・電販市場向け汎用電線事業に関する業務提携、および販売部門を統合して共同出資による販売会社を新規設立することに関する基本合意書を締結。

▽主な業績修正=アイオデタ<6916.T>

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ