今晩のNY株の読み筋=米5月住宅着工件数に注目

株式

2019/6/18 17:29

 きのうの米国株式市場は、6月NY連銀製造業景気指数が市場予想を大幅に下回ったものの、年内利下げの観測が強まるところとなり、NYダウは小反発した。

 きょうの米国株式市場は、FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表があすに控えているのを前にポジションを大きく動かしにくいとみられるが、5月住宅着工件数の結果が買い手掛かりになる可能性がある。

 米利下げ観測を背景に米長期金利は4月半ば以降低下傾向にあるが、住宅ローン利用者や住宅購入予備軍には追い風といえ、足元の住宅関連指標は堅調なものが多い。5月住宅着工件数が市場予想を極端に下回らなければ、相場をサポートしそうだ。

<主な米経済指標・イベント>

5月住宅着工件数、5月建設許可件数、FOMC(米連邦公開市場委員会)19日まで

アドビなどが決算発表予定

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ