株式新聞

2019年11月12日(火)

image
お知らせはありません
株式新聞とは お申し込み

ベトナム・ホーチミン証取、28日よりカバードワラント取引を導入

新興国

2019/6/19 12:03

 ベトナムのホーチミン証券取引所(HSX)によると、6月28日からHSXでオプション取引の一種であるカバードワラント取引が開始される。

 カバードワラントとは、「買う権利(コール)」や「売る権利(プット)」のオプションを証券化して自由に流通できるようにした有価証券。購入者は一定期間内にあらかじめ定められた価格で売買する権利があり、価格変動リスクを回避し、権利行使価格および指定銘柄の市場価格との差額を受け取ることができる。

 カバードワラントの対象となる銘柄は、

・VN30インデックスを構成する銘柄

・直近5カ月の1営業日あたりの平均時価総額が5兆ドン(約235億円)、直近5カ月の1営業日あたりの平均売買代金が500億ドン(約2.35億円)以上

・浮動株式比率が20%以上

・累積赤字を計上していないこと

・直近の四半期に黒字を計上していること

 などの条件を満たさなければならない。

 現時点で条件を満たしている銘柄は、リー冷蔵電気工業(REE)、SSI証券(SSI)、ぺトロベトナム化学肥料(DPM)、ビングループ(VIC)、サコムバンク(STB)、エクシムバンク(EIB)、タインタインコン・ビエンホア製糖(SBT)、ホアファット鉄鋼グループ(HPG)、マサングループ(MSN)、テーゾイジードン投資(MWG)、ホーチミン市インフラ投資(CII)、コテコンズ建設(CTD)、ハウザン製薬(DHG)、ジェマディプト港湾海運(GMD)、ビンホームズ(VHM)、FLCファロス建設(ROS)、HDバンク(HDB)、ビンコムリテール(VRE)、軍隊銀行(MBB)、FPT情報通信(FPT)、テクコムバンク(TCB)、ビナミルク(VNM)、ベトジェットエア(VJC)、フーニュアン・ジュエリー(PNJ)、VPバンク(VPB)、ノバランド不動産投資グループ(NVL)の26銘柄。

 カバードワラントの発行者となる条件をクリアした証券会社は、SSI、ホーチミン市証券(HCM)、バンベト証券(VCI)、VNダイレクト証券(VND)、MB証券(MBS)、ベトナム投資開発銀行証券(BSI)、VPB証券、KISベトナム証券の8社。

 SSIはカバードワラント発行の対象となる銘柄に、MBB、FPT、MWG、HPGの4銘柄を採用する。HCMはMBB、MWGの2銘柄、VNDはMWG、FPTの2銘柄、MBSはFPT、MBB、PNJ、HPGの4銘柄を採用する。

 カバードワラントは上場証券として取引され、決済期間は約定日の2営業日後(T+2)となっている。

【筆者:Viet Economic Research&AdVISory Corp.(VERAC)】

2002年ベトナム・ホーチミン市で創業。「ベトナム株・経済情報」「VIETJOベトナムニュース」、「VIETJOライフ」の自社媒体を通じ、経済、金融情報を中心に毎日数十本のベトナム関連記事を配信する。業界で唯一、全上場企業約760社の日本語企業データベースを保有。また調査可能な非上場企業のユニバースは70万社を誇る。10年超にわたり蓄積した情報とネットワークを駆使した企業信用調査に強み。

*当該記事は外部執筆者により作成されたものです。記事は執筆者が信頼できると判断したデータなどにより作成いたしましたが、その正確性などについて保証するものではありません。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ