山陽特鋼が上げ幅拡大、取得上限173万株の自社株買いと消却を材料視

株式

2019/6/20 7:33

 山陽特殊製鋼<5481.T>が上げ幅を拡大。19日の午後1時、株主還元の強化および資本効率の向上を図るため、自社株買いおよび自己株消却を行うと発表、材料視された。

 自社株買いは、取得上限173万株(自己株を除く発行済み株式数の3.1%)・30億円。取得期間は、6月20日から12月23日まで。

 自己株消却は、今回取得を発表した株数を含む293万株(消却前発行済み株式数の5.1%)で、消却は20年1月31日を予定している。

 19日終値は、前日比104円高の1520円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ