株式新聞

2019年7月21日(日)

日経平均は80円程度高、採用銘柄の値上がり率上位に東建物、トクヤマ、コナミHDなど

国内市況

株式

2019/6/20 10:15

 20日午前10時10分すぎの日経平均株価は、前日比80円程度高い2万1410円前後で推移。朝方は買いが先行し、午前9時3分に同131円06銭高の2万1464円93銭を付けている。その後、戻り待ちの売りのほか、為替市場でドル・円が1ドル=107円60銭台(19日終値は108円38-39銭)と、朝方から円高方向への動きが続き、上値が重くなっている。

 日経平均の採用銘柄は、値上がり率上位に、東建物<8804.T>、トクヤマ<4043.T>、コナミHD<9766.T>、テルモ<4543.T>、大塚HD<4578.T>がランクイン。値下がり率上位に、アルプスA<6770.T>、日揮<1963.T>、TDK<6762.T>、太陽誘電<6976.T>、千代化建<6366.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ