株式新聞

2019年7月21日(日)

日経平均は90円程度高、JPX日経400ではSBI、東建物、ホシザキが値上がり率上位

株式

2019/6/20 10:47

 20日午前10時41分すぎの日経平均株価は、前日比90円程度高い2万1430円前後で推移。午前9時3分に、同131円06銭高の2万1464円93銭の高値を付ける場面もみられたが、戻り待ちの売りや、為替市場でドル・円が1ドル=107円60銭台(19日終値108円38-39銭)と、朝方から円高方向にあることなどが意識され、伸び悩む展開が続く。20日の取引を開始した中国・上海総合指数は、4日続伸している。

 主要指標の1つであるJPX日経400は、前日比30.69ポイント高の1万3886.34ポイントと続伸。同指数の構成銘柄では、値上がり率上位に、SBI<8473.T>、東建物<8804.T>、ホシザキ<6465.T>がランクイン。一方、値下がり率上位に、アルプスA<6770.T>、キーエンス<6861.T>、菱ガス化<4182.T>が入っている。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ