株式新聞

2019年7月21日(日)

古野電気が急落、第1四半期は大幅減益に

株式

2019/7/12 14:31

 古野電気<6814.T>が急落。11日引け後の決算発表で、20年2月期第1四半期(19年3-5月)の連結営業利益が大幅減益となったことが嫌気され、株価は前日比105円安の917円まで値を下げる場面があった。

 20年2月期第1四半期は、売上高206億5200万円(前年同期比1.7%増)、営業利益7億7900万円(同64.3%減)。主力の「舶用事業」では、商船市場向けが日本、アジアで増加し、日本、アジアを中心とする新造船市場で底打ち感が見られたほか、欧州を中心とするリプレース市場も堅調に推移。漁業市場向けも日本を含むアジアで増加する中、売上高は171億7100万円(同5.6%増)と増収を確保。しかし、製品構成の変化、未実現利益消却額の増加、為替影響などで営業利益は6億2600万円(同64.7%減)にとどまり、全体の重しとなった。

 午後2時26分現在の株価は41円安の981円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ