SHIFTが急落、第3四半期累計は大幅増収ながら減益

株式

2019/7/12 16:01

 SHIFT<3697.T>が急落。11日引け後の決算発表で、19年8月期第3四半期累計(18年9月-19年5月)の連結業績が、大幅増収ながら営業減益となったことが嫌気された様子。株価は前日比760円安の5270円まで値を下げる場面があった。

 19年8月期第3四半期累計は、売上高136億4900万円(前年同期比47.5%増)、営業利益8億9400万円(同1.1%減)。IT業界において人材エージェント経由で7人に1人が同社に応募するまでに認知度が向上する中、大幅増収を確保。売上総利益率も30.1%と同1.6ポイント上昇したが、人材の積極採用で販管費比率が25.2%と同4.9ポイント上昇し、連結営業利益は微減益にとどまった。通期の業績予想は、従来の売上高195億円(前期比52.4%増)、営業利益15億円(同24.9%増)を据え置いている。

 12日終値は、前日比410円安の5620円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ