<特集>ESG投資、環境関連に注目(2)=ダイセキS―上期業績の上ブレに期待

株式

2019/7/12 17:31

 ダイセキ環境ソリューション<1712.T>を狙ってみたい。20年2月期第1四半期(19年3-5月)の連結業績は好進ちょくを示しており、据え置かれた上期(19年3-8月)予想には上ブレの可能性がある。

 同社の20年2月期第1四半期は、売上高35億2300万円(前年同期比5.7%増)、営業利益3億2400万円(同18.7%増)。主力の「土壌汚染調査・処理事業」が営業利益3億4800万円(同2.1%増)と順調に推移する中、廃石膏ボードの荷動きは順調で、土壌固化材の販売が大きく伸長した「廃石膏ボードリサイクル事業」が営業利益1億600万円(同26.8%増)と好調に推移。連結営業利益の上期予想(同37.6%減の3億7200万円)に対する進ちょく率は87.1%となっている。

 計算上4800万円(同85.3%減)にとどまる第2四半期(6-8月)の連結営業利益予想はかなり保守的とみられ、増額期待の高まりとともに株価の水準訂正が進みそうだ。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ