株式新聞

2019年7月16日(火)

<特集>ESG投資、環境関連に注目(3)=古河電工―使い捨てプラを古紙と合わせ強化プラに再生

株式

2019/7/12 17:32

 古河電気工業<5801.T>マークしたい。同社は、使い捨てプラスチックや古紙などを原材料として、ワンプロセスで強化プラスチックに再生する技術を開発。プラスチックゴミによる海洋汚染問題が深刻化するなか、使い捨てプラスチックの再利用につながる、同社の技術に注目したい。同技術は、紙をセルロース繊維に解繊しながらプラスチックに分散させ、プラスチックを強化する。強度が低いプラスチック材料のレジ袋から、高強度が求められる荷物積載用パレットのプラスチック材料以上の強化プラスチック材料を作ることが可能という。6月から同技術を使い、ケーブル保護製品をはじめとする自社製品への活用を開始したほか、自社利用に留まらず、世界に向け普及を促進するとしている。

 株価は、2日に直近高値となる3305円を付けた後、全体の相場が軟調に推移したこともあり、利益確定売りに押され調整を強いられているが、日足チャート上では25日線(12日時点で3121円)に接近し、下げ渋る動きを見せており、切り返す展開が期待される。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ