業績不安再燃、日経平均233円安も…半導体関連に底堅さ

ニュース

2019/7/31 17:30

 東京株式市場では7月31日、企業業績に対する不安心理の再燃により日経平均株価が一時前日比で233円値下がりした。ただ、そうした中でも底堅さを示したのが半導体関連株だ。需給構造の好転に伴い、強い浮力に・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ