東電力HD、再生可能エネルギー発電事業を分社化

株式

2019/8/8 16:05

 東京電力ホールディングス<9501.T>は7日、同社の再生可能エネルギー発電事業について、分社化する方針を決定したと発表した。

 同社では、グループの再生可能エネルギーの認知度向上を志向した再生可能エネルギー電源への特化、国内外のパートナーとの連携や大規模な投資などに対する迅速な意思決定のための責任と権限の明確化、さらには、それを支える資金調達の柔軟化を目的に、20年4月1日をメドに、再生可能エネルギー発電事業を分社化するとした。

 8日終値は、前日比4円安の511円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ