リクルートHが小幅安、大和証は「1」継続、目標株価は4400円に引き上げ

株式

2019/8/14 15:55

 リクルートホールディングス<6098.T>が小幅安。大和証券では13日付で、投資判断「1」(買い)を継続、目標株価は3940円から4400円に引き上げている。

 目標株価4400円は、20年3月期予想EBITDAに対してEV/EBITDA倍率21倍程度を適用し算出。20年3月期予想EBITDAを販促メディアが稼ぎ出した部分(32%)、国内人材メディア部分(23%)、海外人材メディア部分(20%)、人材派遣部分(25%)に分解し、それぞれに類似企業などを参考に試算した適正な倍率である18倍、15倍、45倍、13倍が適用されている。

 同証券では連結営業利益について、20年3月期2564億円(前期比15%増、会社側計画は非開示)、21年3月期2986億円と試算。Indeedは有効求人広告、採用ソリューションの利用拡大、販促領域では旅行分野、美容分野が好調と指摘している。

 14日終値は、前日比1円安の3599円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ