【視点】逆イールド=景気後退にあらず――米中対立と円高は引き続き要警戒

視点

2019/8/20 17:30

 米国の景気後退懸念から世界の金融市場が揺れている。米国と中国の貿易摩擦によって世界景気への懸念が高まっていたところに、米国の債券市場で10年物国債と2年物国債の利回りが逆転する「逆イールド」が発生、・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

  • エルニーニョ現象終息――秋物衣料品需要に期待

    ニュース

    2019/8/20 17:30

     街角景気を示す内閣府の景気ウオッチャー調査は、8日に発表された7月分が現状判断DI、先行き判断DIともに前月から悪化した。その一因となったのが長雨だ。しかし、梅雨明け後は気温が高く推移し、懸念されて・・・…続き

    1
  • 串カツ田中、急騰

    ニュース

    2019/8/20 17:30

     増配と自社株買いを19日に発表した居酒屋の串カツ田中ホールディングス(3547)が急騰。前日比154円高の2074円まで買い進まれる場面があった。 同社は今11月期の期末一括配当について、これまで未・・・…続き

    1
  • エボラブルA、月次の伸び鈍化を懸念

    ニュース

    2019/8/20 17:30

     航空券予約サイトのエボラブルアジア(=エボラブルA、6191)が急反落。19日に発表した7月の取扱高が141億円(前年同月比9%増)に拡大したものの、6月の同15%増から伸び幅が縮小したことで、成長・・・…続き

    1
  • インターアク、3日ぶり急反発――大口受注を材料視

    ニュース

    2019/8/20 17:30

     半導体メーカー向けの検査用光源装置を手掛けるインターアクション(7725)が3日ぶりに急反発。東証1部の値上がり率ランキング上位となった。 同社は19日に取引先からの大口受注を発表し、材料視された。・・・…続き

    1

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ