NSSOLが反落、三菱UFJモルガン証は「オーバーウエート」継続、目標株価は4200円に引き上げ

株式

2019/8/21 16:01

 日鉄ソリューションズ(NSSOL)<2327.T>が反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では20日付で、レーティング「オーバーウエート」(強気)を継続、目標株価は3900円から4200円に引き上げている。

 堅調な受注状況、大型プロジェクトを除く実質的なGPM好転を踏まえ、今後3期間の連結営業利益予想を上方修正し、あわせて目標株価を4200円に引き上げるとしている。エクイティストーリーは「相対的に高採算なクラウドとサービス収入拡大による収益性向上とIoX(Internet of Things,Humans)事業に対する株式市場の注目度上昇」を挙げ、「オーバーウエート」を継続するとしている。

 20年3月期第1四半期(19年4-6月)クラウド関連収入は41億円(前年同期比14%増、同証券推定)と好調で、IoX事業収入も第1四半期は2ケタ伸長で日本製鉄<5401.T>向けなどの予防保全ソリューションに加え、5G関連のPoCが増勢傾向にあると指摘している。

 同証券では連結営業利益について、20年3月期300億円(前期比16.8%増、従来280億円、会社側計画は272億円)、21年3月期305億円(従来297億円)、22年3月期315億円(同312億円)と試算している。

 21日終値は、前日比20円安の3555円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ