株式新聞

2019年9月21日(土)

ピーバンが一時ストップ高、ネオス子会社と業務提携、EMS事業を共同展開

株式

2019/9/12 10:54

 ピーバンドットコム<3559.T>が4連騰し、一時300円ストップ高の1465円に噴き上げた。午前10時51分時点で238円高の1403円となっている。11日引け後、ネオス<3627.T>の子会社でIT(情報技術)機器開発・製造のジェネシスホールディングス(東京都千代田区)と業務提携し、EMS(電子機器製造受託サービス)事業を共同で展開すると発表し、材料視されている。

 同社はジェネシスと業務提携するとともに、同じくIoT(モノのインターネット)デバイスの製造を手掛けるBraveridge(福岡県福岡市)の協力により、受託生産体制の強化を図る。3社間のシナジーを最大限に発揮し、各製造案件の最適化や効率的な生産体制を実現すると同時に、新たな顧客層へのアプローチやニーズの取り込みを推進していく。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ