株式新聞

2019年9月18日(水)

マザーズ指数反落、メルカリなど主力株に売り=新興市場・12日

 マザーズ指数が反落。東証1部市場では日経平均株価が続伸したが、新興市場からは資金が流出。メルカリ<4385.T>、そーせいグループ<4565.T>、サンバイオ<4592.T>などが売られ、HEROZ<4382.T>も続落。ティーケーピー<3479.T>、Sansan<4443.T>も安い。一方で軽量級のピーバンドットコム<3559.T>、エディア<3935.T>は買われた。ジャスダックではワークマン<7564.T>、ユニバーサルエンターテインメント<6425.T>がしっかり。エスケーエレクトロニクス<6677.T>も買われた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ