(再送)バルニバービが反発、20年7月期も増収増益へ

株式

2019/9/17 16:43

 バルニバービ<3418.T>が反発。13日に19年7月期決算を発表し、連結売上高は115億1200万円(前期比2.9%増)、営業利益は5億800万円(同19.6%増)、純利益は3億300万円(同34.4%増)だった。

 同社はレストラン事業を手掛ける。チェーン店とは対極にある独自性の強い店舗展開が特徴。前期は各店舗の収益構造を見直し、従来と比較してより緻密なコストコントロールを行った効果が出てきた。

 それに加えて、役員および幹部従業員に掛けていた生命保険を解約し、保険解約益9281万円を特別利益として計上している。

 20年7月期業績に関しては、売上高128億円(前期比11.2%増)、営業利益6億1000万円(同19.9%増)、純利益4億1000万円(同35.0%増)で、前期に続いて増収増益となる見通しだ。

 17日の終値は、前週末比64円高の1062円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ