17日のPTS注目ポイント=Welby、ストライク、免疫生物研究、クワザワ、フーバーBなど

株式

PTS

2019/9/17 17:04

▽Welby<4438.T>、10月3日を基準日に1株を4株に分割

▽ストライク<6196.T>、19年8月期の単体業績予想を増額、営業利益は前期比39.5%増の18億8600万円(従来予想は15億9100万円)に、期末配当も増額

▽免疫生物研究<4570.T>、熊本大学、医薬基盤・健康・栄養研究所、CUREDと共同で「抗HIV抗体およびその製造方法」に関する国内特許の共同出願手続きを完了

▽クワザワ<8104.T>、株主優待を拡充

▽フーバーB<3927.T>、電力プラットホーム事業を手掛けるデジタルグリッド(東京都千代田区)へ資本参加、業務提携

▽EduLab<4427.T>、米国子会社がECM、RPAソリューション事業を展開するEphesoft(米カリフォルニア州)と資本業務提携

▽ラクオリア薬<4579.T>、Epigeneron(東京都中央区)と、特発性小児ネフローゼ症候群治療薬の創出に向け、共同で創薬研究を開始

▽YACHD<6298.T>、中国山東省日照市で、同市の外資導入優遇政策に基づき、民間会社と合弁でクリーニング設備を製造販売する工場を設立し、クリーニング装置拡販へ

▽トライアイズ<4840.T>、連結子会社TRIIS INTERNATIONAL AMERICA(米国ハワイ州)が証券投資事業を開始することを決議

▽HANATJ<6561.T>、Kuyi International Travel Agency(中国上海市)との間で協議してきた合弁会社の設立を中止

▽明治HD<2269.T>、中国天津経済技術開発区に牛乳・ヨーグルトの生産・販売拠点を新設

▽ツルハHD<3391.T>、20年5月期第1四半期(19年5月16日―19年8月15日)の連結業績は売上高が前年同期比9.3%増の2088億500万円、営業利益は同11.8%増の126億2300万円

▽GATECH<3491.T>、「PropTech」(不動産テック)特化型VCのデジタルベースキャピタル(東京都千代田区)が組成する第1号ファンドに出資することを決議

▽イグニス<3689.T>、19年9月期の業績見込みを下方修正、連結営業損益は7億円の赤字(従来予想は3000万円の黒字、前期は25億3200万円の赤字)

▽システムD<3804.T>、20年10月期第3四半期(18年11月―19年7月)の連結業績は営業利益が前年同期比53.0%増の2億6800万円

▽主な決算発表=大盛工<1844.T>、梅の花<7604.T>、アークランド<9842.T>、ビジョナリH<9263.T>

▽主な月次発表=ソフトウェア<3733.T>、高島屋<8233.T>、ファンコミ<2461.T>、Jフロント<3086.T>、イオンファン<4343.T>、エイジス<4659.T>、ベルーナ<9997.T>、レントラック<6045.T>

*午後4時30分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ