田谷が減額織り込み、下値を着実に切り上げる

国内市況

株式

2019/9/18 16:42

 田谷<4679.T>は継続した買いが期待できそうだ。美容室最大手で、直営美容室を全国展開している。

 8月20日に20年3月期の単体業績予想を減額、経常利益は1100万円と前期実績(1000万円)い対して横ばい程度となる。期初予想は6800万円だった。天候不順の影響や新規客の減少などが響く。

 もっとも、客単価は増加傾向にあり、シニア層を中心とした固定客のリピート率も高い。利益面では、労務費や地代家賃の抑制、美容材料使用量の厳正化などが奏功している。株価は、減額をきっかけに悪材料出尽くし感が広がり、下値を着実に切り上げている。また、戻り売りも着実に消化していることから、調整を交えながら、年初来高値(663円、4月25日)奪回を目指す動きが期待される。

 18日の終値は前日比1円安の615円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ