三菱重工、グループのMHPSがカタールの電力・水公社および発電・造水会社と教育・訓練プログラムで覚書

国内市況

株式

2019/9/18 16:43

 三菱重工業<7011.T>は18日、グループの三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が、カタールの電力と水の供給を担う国営のカタール電力・水公社(KAHRAMAA)ならびに、発電所および造水(海水淡水化)施設の建設・運営を担うカタール発電・造水会社(QEWC)と、同国の電力技術者養成を支援することで合意し、両社の技術者を日本で受け入れるインターンシップ制度を柱とした教育・訓練プログラムを実施する覚書(MOU)に調印したと発表した。

 今回のMOUでは、KAHRAMAAおよびQEWCの若手のエンジニアを高砂工場(兵庫県高砂市)など同社の事業所で受け入れる。同社が用意した座学トレーニングやOJTを通じ、円滑かつ確実に1ランク上の高度な課題を達成できるように指導するという。

 18日の終値は、前日と変わらずの4404円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ