サンバイオが急騰しストップ高、再生細胞薬「SB623」が優先審査と迅速承認の機会を獲得

株式

2019/9/20 12:38

 サンバイオ<4592.T>が急騰。19日引け後に、外傷性脳損傷(TBI)を対象疾患としてグローバルで開発を進め、日米グローバルのフェーズ2臨床試験(STEMTRA試験)で良好な結果を得た再生細胞薬「SB623」が、FDA(米国食品医薬品局)よりRMAT(Regenerative Medicine Advanced Therapy)の対象品目の指定を受けることになったと発表。好感買いに株価は前日比700円ストップ高の4240円まで値を上げている。

 これにより「SB623」は優先審査と迅速承認に機会を得ることとなる。なお、今回のRMAT指定は、同社グループが19年4月に対象品目としての指定を受けた厚生労働省の「先駆け審査指定制度」に続くもの。

 午後零時34分時点の株価は600円高の4140円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ