【株式新聞・総力配信】ノーベル賞迫る、関連株を先取り(4)――材料豊富な物理学、平和賞は「環境」か

 物理学賞は、中間子理論で知られる湯川秀樹博士が1949年に記念すべき日本人第一号となって以来、これまでに最も多い9人が受賞してきた領域。特に素粒子物理学は「お家芸」とも謳(うた)われた。 今回の引用・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ