【株式新聞・総力配信】ノーベル賞迫る、関連株を先取り(3)――生理学・医学は連覇へ、9年ぶり化学賞も

 それではいよいよ、今年受賞が期待される研究者とその関連銘柄を見ていきたい。 まずは生理学・医学賞。昨年の本庶佑京都大学教授に続き、今年も免疫学は有力な分野となる。株式市場でも、がんの免疫療法を開発す・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ