トルコリラ週間場況=リラ・円は下落

経済

為替

2019/10/15 16:45

リラ安・円高 18.40円(-0.36円)

 7-11日のリラ・円は下落した。米国はこれまで支援してきたシリア北東部のクルド人組織に対するトルコの軍事作戦に関与しないとの立場を表明し、中東の地政学リスクが警戒されリラ・円は売り優勢となった。米軍のシリアからの撤退開始や、トランプ米大統領がトルコに警告として経済制裁の可能性をほのめかしたことも相場の重しに。9日、トルコがシリア北部のクルド人地域への侵攻を開始すると、リラ売りが強まった。ただ、週末にかけては米中の閣僚級貿易協議で進展が見られ、リスクオン基調となったことから、リラ・円は切り返した。

 債券市場では、長期債利回りは上昇した。トルコのシリア侵攻をめぐり中東の地政学リスクが高まり、米国とトルコの関係緊迫化も懸念され、トルコ債券は売り優勢となった。トルコ9年債利回りは前週末の6.23%から6.58%に上昇して越週した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ