株式新聞

2019年11月18日(月)

image
お知らせはありません
株式新聞とは お申し込み

<特集>11月の配当で選ぶ(1)=米中通商協議の部分決着で全般は上向き

株式

2019/10/18 17:52

 これまで相場の重しとなってきた米中の通商交渉が先の閣僚級協議で部分的に決着、これをきっかけに米国株が大幅高となった。短期筋の買い戻しも交え、日本株も急伸。16日に日経平均株価は前日比265円高の2万2472円まで上昇、4月25日の年初来高値をほぼ半年ぶりに更新。さらに週末の18日には2万2492円と高値を小幅に更新した。

 一足先に決算発表が始まった米国で、全般は減益ながらも事前予想を上回る企業が8割を超えるなど、業績に対する安心感も支えとなっている。日本では10月最終週から9月中間期を中心に決算発表が本格化する。米中協議に関しては、今後の交渉に不透明感が漂っており、なお波乱要因として意識されているものの、全般は上向きのムードだ。

 国内は決算本格化を前に、やや手掛けづらい面もある。そこで、11月に期末、中間期末を迎える企業の配当取りに注目してみたい。

提供:モーニングスター社

関連記事

  • <話題>リスクオンへの傾斜は継続するのか

    株式

    2019/10/18 17:42

     今週(15-18日)は、やはり16日だろう。日経平均株価は取引時間中に前日比408円高の2万2615円まで値を上げ、終値も265円高の2万2472円と、4月25日の年初来高値2万2307円を更新した・・・…続き

  • 個別銘柄のスポット情報(2)

    株式

    2019/10/18 17:37

     リソー教育 小幅高。岩井コスモ証券が17日付で投資判断を強気の「A」、目標株価500円でカバーを開始した。 くら寿司 急伸。今10月期の期末一括配当の予想を、従来の3・・・…続き

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ