株式新聞

2019年11月19日(火)

image
お知らせはありません
株式新聞とは お申し込み

<無料公開>ペプチドリムが急落、「カラ売り投資家」の標的に

ニュース

2019/11/7 12:00

 ペプチドリーム(4587)が急落し、一時前日比5.5%安の5020円まで売られた。カラ売り専門投資家の「マディー・ウォーターズ」のネガティブなリポートに反応したもようだ。

 マディー・ウォーターズは、過去にも日本電産(6594)の時価を大きく下回る目標株価を打ち出したことで知られる。ペプチドリムについては6日付で、「車輪のないスポーツカー」と題するリポートを発行し、カラ売りしていることを明らかにした。

「主張に疑問」の声も

 ペプチドリムは、ペプチド医薬品を手掛ける。マディー・ウォーターズのリポートは同社の開発状況に触れ、収益に結び付く可能性に否定的な見解を示している。ペプチドリム側からの同リポートに対する声明は、現段階で出ていない。

 市場ではリポートについて、「主張の正当性に疑問もあり、株価への影響は短期的にとどまるのではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

(イメージ写真提供:123RF)

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ