マザーズ指数続落、そーせいなど下落=新興市場・13日

 マザーズ指数が続落。東京市場全般が売り先行となり、新興市場も軟調な相場が続いた。そーせいグループ<4565.T>、ユーザベース<3966.T>、ALBERT<3906.T>などが売られ、EduLab<4427.T>、PKSHA Technology<3993.T>も軟調。メルカリ<4385.T>、JIG-SAW<3914.T>、Sansan<4443.T>は買われた。ジャスダックではハーモニック・ドライブ・システムズ<6324.T>が活況。セレスポ<9625.T>、イメージワン<2667.T>、ニューフレアテクノロジー<6256.T>などが上昇した。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ