13日のPTS注目ポイント=日本KFC、建設技研、学研HD、グッドSなど

株式

PTS

2019/11/13 17:43

▽日本KFC<9873.T>、20年3月期上期(19年4-9月)の連結営業利益は24億6600万円(前年同期比5.1倍)で、通期予想の15億円(前期比32.0%減)を突破。

▽建設技研<9621.T>、19年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結営業利益は34億1800万円(前年同期比48.6%増)で、通期予想の35億5000万円(前期比16.5%増)に対する進ちょく率は96.3%。

▽学研HD<9470.T>、19年9月期の連結営業利益は45億2300万円(前期比23.8%増)で、従来予想を3億2300万円超過。20年9月期は営業利益51億円(前期比12.8%増)を計画。

▽グッドS<7676.T>、19年9月期の単体営業利益は4億500万円(前期比2.0倍)で、20年9月期は営業利益5億円(前期比23.4%増)を計画。1株に付き2株の株式分割を実施へ。

▽京急<9006.T>、20年3月期上期(19年4-9月)の連結営業利益は217億800万円(前年同期比12.9%増)で、従来予想を37億800万円超過。

▽テアトル<9633.T>、20年3月期上期(19年4-9月)の連結営業利益は2億3100万円(前年同期は400万円)で、通期予想の1億円(前期比78.4%減)を突破。

▽ベネフィット<3934.T>、20年3月期上期(19年4-9月)の連結営業利益は6億2100万円(前年同期比47.0%増)で、従来予想を1億6600万円超過。

▽クリヤマHD<3355.T>、19年12月期第3四半期累計(1-9月)の連結営業利益は26億2300万円(前年同期比43.5%増)で、通期予想の30億5000万円(前期比43.3%増)に対する進ちょく率は86.0%。

▽三城HD<7455.T>、20年3月期上期(19年4-9月)の連結営業利益は9億9600万円(前年同期比37.4%増)で、通期予想の3億4200万円(前期比2.3倍)を突破。

▽ミダック<6564.T>、20年3月期の連結営業利益予想を従来の11億6700万円から14億1200万円(前期比28.6%増)に上方修正。

▽ダイコク電<6430.T>、20年3月期上期(19年4-9月)の連結営業利益は13億200万円(前年同期比49.3%増)で、従来予想を1億200万円超過。

▽主な決算発表=コーアツ工業<1743.T>、三住建設<1821.T>、前田道<1883.T>、東洋建<1890.T>、日工営<1954.T>、トラストT<2154.T>、マツモトキヨ<3088.T>、GDO<3319.T>、サンマルクH<3395.T>、北越コーポ<3865.T>、ラクス<3923.T>、高圧ガス<4097.T>、東応化<4186.T>、アミューズ<4301.T>、ロート<4527.T>、サカタインク<4633.T>、サニックス<4651.T>、CYBOZU<4776.T>、ノーリツ<5943.T>、リクルートH<6098.T>、ソディック<6143.T>、荏原<6361.T>、酉島製<6363.T>、平和<6412.T>、大和冷機<6459.T>、THK<6481.T>、アルバック<6728.T>、JDI<6740.T>、ヤマハ発<7272.T>、ダイヤ通商<7462.T>、新生銀<8303.T>

▽主な月次=ゼットン<3057.T>、DDHD<3073.T>

*午後3時30分時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ