日経平均は166円高、全33業種中31業種が上昇、値上がり銘柄数1600超

国内市況

株式

2019/11/15 10:07

 15日午前10時時点の日経平均株価は前日比166円77銭高の2万3308円32銭。朝方は、買いが先行した。米中貿易交渉に不透明感が続くなか、14日のNYダウ、ナスダック総合指数が僅かな下げにとどまり、前日続落していた反動もあり、強含んで始まった。下げに転じる場面もあったが、下値は堅く、その後は円伸び悩みもあって株価指数先物主導で堅調に推移している。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1606、値下がり438。東証業種別株価指数では全33業種中、31業種が上昇している。値上がり率上位業種は、水産農林、パルプ紙、精密など。値下がりは2業種で、鉱業、ガラス土石。

午前10時ごろの値上がり率上位銘柄(東証1部)

・ビーグリー<3981.T>

・LINK&M<2170.T>

・三桜工<6584.T>

・ネクシィーズ<4346.T>

・オプティム<3694.T>

午前10時ごろの値下がり率上位銘柄(東証1部)

・リブセンス<6054.T>

・スプリックス<7030.T>

・ペッパー<3053.T>

・スカラ<4845.T>

・奥村組<1833.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ