スルガ銀行が20年3月期の業績予想引き上げ/不良債権の処理費用が減少、

株式

2019/11/15 10:10

 スルガ銀行<8358.T>が反発した。14日に20年3月期の連結業績予想を引き上げた。

 通期の経常損益の黒い幅の見通しを160億円から230億円(前期は743億円の赤字)に増額した。貸出金利息の減少に伴う資金運用収益の減少により経常収益が減少したものの、不良債権の処理費用が減少することから利益は想定を上回る方向。第2四半期累計の経常損益は201億円の黒字(前年同期は857億円の赤字)と、計画(80億円の黒字)を大きく上回った。

 株価は前日比5.0%高の522円まで買われた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ