<特集>続・好決算銘柄ピックアップ(2)=東武―通期業績の上ブレに期待

株式

2019/11/15 17:45

 東武鉄道<9001.T>を狙ってみたい。20年3月期上期(19年4-9月)の連結業績は好進ちょくを示しており、通期業績には上ブレの可能性がある。取得期間19年11月1日-20年2月28日の予定で上限100億円、400万株(自己株式を除く発行済株式数の1.89%)の自社株買いを実施している点も支援材料だ。

 20年3月期上期は、営業収益3349億6300万円(前年同期比19.0%増)、営業利益371億7300万円(同17.2%増)。「運輸事業」が営業利益229億600万円(同7.2%増)と順調に推移する中、分譲の貢献で「不動産事業」が営業利益を83億7500万円(同27.1%増)に伸ばして全体をけん引。連結営業利益は従来予想を33億7300万円超過した。

 これを踏まえ会社側は、通期の予想営業利益を従来の650億から666億円(前期比1.0%減)に増額したが、下期(19年10月-20年3月)の営業利益予想は計算上294億2700万円(前年同期比17.3%減)にとどまり保守的な印象。上ブレ期待の広がりとともに株価の水準訂正が進みそうだ。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ