日経平均は27円安、業種別値下がり率上位は海運、石油石炭製品、鉱業など

国内市況

株式

2019/11/20 10:05

 20日午前10時時点の日経平均株価は前日比27円28銭安の2万3265円37銭。朝方は、売りが先行し、2万3176円49銭(前日比116円16銭安)と安く寄り付いた。米議会上院が19日、「香港人権・民主主義法案」を全会一致で可決したと伝わり、米中対立の激化が懸念された。ただ、一巡後は切り返し、株価指数先物買いを交えて上げに転じる場面もあった。その後は小安い水準で推移している。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり794、値下がり1235。東証業種別株価指数では全33業種中、21業種が下落している。値下がり率上位業種は、海運、石油石炭製品、鉱業など。値上がり率上位業種は、その他製品、非鉄金属、空運など。

午前10時ごろの値上がり率上位銘柄(東証1部)

・田辺三菱<4508.T>(監理)

・沢藤電機<6901.T>

・あすか薬<4514.T>

・日本通信<9424.T>

・アイル<3854.T>

午前10時ごろの値下がり率上位銘柄(東証1部)

・すてきN<8089.T>

・アトラエ<6194.T>

・ネットマーケ<6175.T>

・オープンハウス<3288.T>

・カチタス<8919.T>

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ