高齢者負担増でジェネリックに商機

ニュース

2019/12/3 17:30

 75歳以上の世代における医療費負担引き上げが検討されていることで、ジェネリック(後発)医薬品メーカーの存在感が高まりつつある。 政府は2022年度から、75歳以上の後期高齢者の窓口負担(中・低所得者・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ