日経平均は21円安、マイナス寄与度上位は東エレク、ソフバンG、エーザイなど

国内市況

株式

2019/12/10 13:32

 10日午後1時30分時点の日経平均株価は、前日比21円91銭安の2万3407円79銭。後場は、再びプラス圏入りして始まり、一時はこの日の高値となる2万3449円47銭(前日比18円77銭高)まで強含んだが、その後は押し戻され、小安い水準で推移している。新規の手掛かり材料に乏しく、様子見気分となっている。

 日経平均株価に対するマイナス寄与度上位は東エレク<8035.T>、ソフバンG<9984.T>、エーザイ<4523.T>など。プラス寄与度上位は第一三共<4568.T>、アドバンテスト<6857.T>、中外薬<4519.T>など。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ