10日のPTS注目ポイント=ロードスター、きんえい、EMシステムなど

株式

PTS

2019/12/10 17:30

▽ロードスター<3482.T>、19年12月期の連結業績について、予想売上高を従来の134億8700万円から151億7300万円(前期比56.9%増)に、営業利益を31億3700万円から36億1500万円(同51.1%増)にそれぞれ引き上げている。

▽きんえい<9636.T>、20年1月期第3四半期累計(19年2-10月)の単体業績は、売上高29億9100万円(前年同期比10.8%増)、営業利益2億5100万円(同29.9%増)で、営業利益は通期予想の2億1000万円(前期比6.9%増)を超過。

▽EMシステム<4820.T>、19年12月31日を基準日として、1株につき2株の株式分割を実施すると発表。

▽大盛工<1844.T>、20年7月期第1四半期(19年8-10月)の連結業績は、売上高11億7000万円(前年同期比16.1%減)、営業利益2億9600万円(同3.3倍)で、営業利益の、6日に上方修正した上期(19年8月-20年1月)予想3億4500万円(同51.9%増)に対する進ちょく率は85.8%。

▽シーイーシー<9692.T>、20年1月期第3四半期累計(19年2-10月)の連結業績は、売上高380億8700万円(前年同期比3.0%増)、営業利益44億3800万円(同20.1%増)で、営業利益の通期予想の57億5000万円(前期比16.6%増)に対する進ちょく率は77.2%。

▽アスカネット<2438.T>、20年4月期上期(19年5-10月)の単体業績は、売上高31億4200万円(前年同期比7.9%増)、営業利益3億2300万円(同5.6%増)。営業利益の通期予想8億2400万円(同5.1%減)に対する進ちょく率は39.2%だが、下期(19年11月-20年4月)の営業利益予想は計算上5億100万円(同11.0%減)にとどまる。

▽テクノアルフ<3089.T>、マリン・環境機器事業において、SH GROUP社製の舶用大型クレーンを約2億円で受注したと発表。

▽ジーフット<2686.T>、20年2月期11月度の月次売上高は、既存店が前年同月比4.4%減、全社が同5.6%減と減収ではあるが、それぞれ10月度の同14.6%減、同14.9%増)から勢いを回復している。

▽主な決算発表=ベステラ<1433.T>、サトウ食品<2923.T>、テンポスHD<2751.T>、アールエイジ<3248.T>、山岡家<3399.T>、グッドコムA<3475.T>、SYSHD<3988.T>、サムコ<6387.T>、スギHD<7649.T>、マツモト<7901.T>、トーホー<8142.T>、シルバーライフ<9262.T>

▽主な月次=ホクト<1379.T>、柿安本店<2294.T>、Sアリス<2305.T>、アルテHD<2406.T>、博報堂DY<2433.T>、大戸屋HD<2705.T>、MRO<3064.T>、アマガサ<3070.T>、チムニー<3178.T>、綿半HD<3199.T>、SRAHD<3817.T>、パンパシI<7532.T>、PCDEP<7618.T>、ヴィアHD<7918.T>、MrMaxH<8203.T>、NSD<9759.T>、大庄<9979.T>

*午後4時時点

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ