ニイタカが急上昇し年初来高値を更新、第2四半期の利益予想上ブレを好感

株式

2019/12/12 15:57

 ニイタカ<4465.T>が急上昇し、一時129円高の1784円を付け、9月27日の年初来高値1780円を更新した。11日引け後に20年5月期第2四半期(19年6-11月)の連結利益予想を上方修正し、好感された。

 第2四半期業績予想は、売上高88億円(前年同期比2.2%増)を据え置いた上で。営業利益を5億円から6億8000万円(同39.9%増)に引き上げた。原材料価格が当初の見込みよりも下がり、生産現場における業務の効率化が順調に進んだことで売上原価率が低下した。また、さまざまな経費削減施策、利益率向上施策の取り組みが順調に進み、販管費が想定よりも減少したことも利益押し上げにつながった。

 12日終値は、前日比75円高の1730円

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ