清水建設、地山状況を予測できる前方探査システム「S-BEAT」を改良

株式

2019/12/13 12:47

 清水建設<1803.T>は13日、トンネル掘削作業を中断することなく、切羽前方80m程度先までの3次元的な地山状況を予測できる前方探査システム「S-BEAT」を改良し、データ通信方式を従来の有線式か・・・

この記事は会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ