今晩のNY株の読み筋=英総選挙の結果などを材料に株高の流れ継続か

株式

2019/12/13 17:32

 13日の米国株式市場では、米中貿易協議の合意期待や英総選挙の無難な通過を受けた世界的な株高の流れを継続できるか注目だ。もっとも、米中貿易協議の合意については前日の米国時間の報道が材料であり、米国株式市場ではある程度を織り込み済み。トランプ米大統領が事態をひっくり返すような発言でもしない限り、波乱はないだろう。

 一方、英総選挙は事前予想通り与党・保守党が単独過半数を獲得できる見通し。英国のEU(欧州連合)離脱に前進がみられたことが世界経済にプラスとは言い切れないが、3年前の国民投票からマイナス面については織り込みつつあり、不透明感の払しょくが好感されているもようで、米国株式市場でも同様の流れを期待したい。

<主な米経済指標・イベント>

11月輸入物価指数、11月小売売上高、ウィリアムズNY連銀総裁が講演

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ