恵和が急落、信用取引の委託保証金率が50%以上から70%以上に引き上げられる

株式

2020/1/7 12:08

 恵和<4251.T>が急落し、一時128円安の2201円を付ける場面があった。6日引け後、東京証券取引所は、7日から信用取引を使った同社株の売買で、増し担保措置を実施すると発表、売りに押された

 東京証券取引所は、7日の売買分から信用取引による新規の売りおよび買いに係る委託保証金率を50%以上から70%以上(うち現金20%以上から40%以上)に引き上げるとした。

 前場終値は、前日比99円安の2230円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ