CSランバーが急騰しストップ高カイ気配、通期の営業利益予想を上方修正

株式

2020/1/15 14:41

 シー・エス・ランバー<7808.T>が急騰。14日引け後の決算発表で、20年5月期の連結営業利益予想を上方修正したことが好感され、株価は朝方から気配値を切り上げる展開。午後2時35分現在、前日比300円ストップ高の1580円買い気配で差し引き6万株の買い越し。14日の昨年来高値1364円を更新している。

 20年5月期について、予想売上高は従来の162億円から151億9000万円(前期は6カ月の変則決算のため増減比較はなし)に減額したが、営業利益を6億8800万円から9億2000万円に引き上げている。売上高は、賃貸住宅の建築等の低迷により未達となるが、製造部門における歩留り向上(プレカット加工を行う際に発生する端材の極小化推進など)や配送能力の向上(配送効率の高い大型車・トレ-ラ-の利用、トラック1台当たり1日2便以上配送することによりトラックの遊休時間を減少させること)などによる原価削減より、営業利益は大幅に上ブレる見通し。20年5月期上期(19年6-11月)は売上高74億7800万円、営業利益5億2700万円だった。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ