リコー、微弱な光でも高い発電性能を発揮する固体型色素増感太陽電池モジュールを発売

株式

2020/1/15 16:33

 リコー<7752.T>は15日、室内照明のような微弱な光でも高い発電性能を発揮する固体型色素増感太陽電池モジュール「RICOH EH DSSCシリーズ」を、2月下旬から順次販売すると発表した。

 今回同社が販売を開始する「RICOH EH DSSCシリーズ」は、同社が複合機の開発で培った有機感光体の技術を応用して開発。従来の液体型色素増感太陽電池における電解液を、有機半導体材料などで構成し、電解液を用いる電池が抱える液漏れや腐食といった安全性や耐久性に対する課題を解決した。また、室内光源波長に適した有機材料の設計および、デバイス構造の最適化を実現することで、照度の低い室内光でも反応し、発電性能を大幅に向上させ、倉庫などの明るさの十分でない場所でも高効率の発電を可能にしたとしている。

 15日の終値は、前日比12円安の1253円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ