TKPが続伸、SMBC日興証は「1」継続、目標株価は6200円に引き下げ

株式

2020/1/17 17:03

 ティーケーピー(TKP)<3479.T>が続伸。SMBC日興証券では16日付で、投資判断「1」(アウトパフォーム)を継続、目標株価は6500円から6200円に引き下げている。同証券では、20年2月期第3四半期(19年9-11月)決算を踏まえ業績予想を修正、あわせて目標株価を6200円に引き下げるとしている。

 今後について、短期的にはフレキシブルオフィス事業の回転加速による開業費用負担が増える可能性はあるものの、貸会議室、フレキシブルオフィス両事業の稼働率改善や付加価値提供による売上単価増加が続くとみており、高水準の利益成長が続くと予想しているという。20年2月期同証券予想連結一株利益に基づくPERは31.9倍と割安な水準かつ、高成長見通しも踏まえ、「1」を継続するとしている。

 同証券では連結営業利益について、20年2月期71億円(前期比65.1%増、会社側計画は76億700万円)、21年2月期101億円、22年2月期123億円、23年2月期138億円、24年2月期160億円と試算している。

 17日の終値は、前日比110円高の4380円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ