<特集>チャートで選ぶ注目株(1)=日経平均は2万4000円回復、個別では?

株式

2020/1/17 17:49

 米国と中国の通商協議は15日に「第一段階の合意」で署名に至り、ひとまず安心感が広がった。16日には米国株式市場ではNYダウなどの主要株価指数が史上最高値を更新、日経平均株価も2万4000円台の回復から、18年10月に付けたバブル崩壊後の高値2万4270円の奪回を目指す展開となってきた。

 ただ、足元では利益確定の売りに上値が重くなっているうえ、1月最終週に本格化する3月期決算企業の第3四半期決算の発表を控え、手掛けにくい面もある。こうした局面では個別の材料や需給、チャートなどを手掛かりにしたアプローチも有効だろう。今回はチャートに注目してみた。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ