ヤマハ発動機、早稲田大学発スタートアップの東京ロボティクスに出資

株式

2020/1/21 16:35

 ヤマハ発動機<7272.T>は21日、産業用ロボット事業のさらなる事業規模・事業領域の拡大を図るため、協働ロボット分野に強みを持つ早稲田大学発スタートアップの東京ロボティクス(東京都新宿区)の発行する転換社債型新株予約権付社債を引き受け、出資するとともに技術供与に関する契約を締結したと発表した。

 同社は、長年のモノづくりで培った、高品質・低コスト・タイムリーな供給を実現する量産化能力を有していることから、東京ロボティクスの強みである協働ロボットの高度化に欠かせない関節柔軟性(力制御)の技術などを生かし、協働ロボット市場へのビジネス参入を目指すとしている。

 21日の終値は、前日比24円安の2185円。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ