今晩のNY株の読み筋=新型コロナウイルスへの警戒感は薄れたか

株式

2020/1/22 17:17

 22日の米国株式市場は、新型コロナウイルスに関連した報道に注意したい。

 前日までは09年の新型インフルエンザや、02年から03年にかけて中国を中心に起きたSARS(重症急性呼吸器症候群)などが想起されてリスクオフの動きが広がったが、新型コロナウイルスの感染力や致死率はこれらに比して高くないとの見方が聞かれ始めた。発生源とみられる中国でも全容を把握できているか疑問だが、感染者が急増するような報道でもなければ過度の警戒感が薄れそうだ。ただ、WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスに関する緊急会合を開く予定で、どのような見解を示すかは注目したい。

 個別では、前日引け後に決算を発表したネットフリックスやアイ・ビー・エムが時間外取引で上昇したため、きょうの日中取引でも相場の支えとして期待したい。このほか、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどが決算を発表する予定。

<主な米経済指標・イベント>

米12月中古住宅販売件数、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどが決算を発表、WHO(世界保健機関)が新型コロナウイルスに関する緊急会合

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ