今晩のNY株の読み筋=引き続き中国の新型肺炎の動向を注視

株式

2020/1/24 17:40

 きょうの米国株式市場は、引き続き中国の新型肺炎の動向を見定める展開か。

 発生源の中国・武漢市が都市封鎖される事態に発展。折しも中国は春節(旧正月)に入り海外渡航者が増大する時期にあたり、世界中に感染が広がれば、米国株にもパニック的な売りが出る可能性がある。

 また、年明けから騰勢ムードの米国株も今週に入り主要3指数揃っての史上最高値更新は途絶え、上値の重たさが意識される。トランプ米大統領がイランへの経済制裁の一環としてイランの原油輸出を支援する中国企業を制裁対象に加えると発言するなど、新たな火種となる可能性がある点も気がかりだ。

<主な米経済指標・イベント>

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)最終日のパネルディスカッションにムニューシン米財務長官が登壇

アメリカン・エキスプレスなどが決算発表予定

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

関連記事

マーケット情報

株式新聞オリジナルアプリ

株式関連ニュース・銘柄情報に特化した株式新聞のオリジナルアプリで、
いつでも最新の情報をチェックできる便利なアプリです。

  • Google Play
  • App Store
▲ページTOPへ